所得拡大促進税制の更なる要件緩和へ

  従業員給与を増加させた場合に税額控除が受けられる所得拡大促進税制が、平成27年4月改正で更に平成28事業年度、平成29事業年度の要件も緩和される予定です。
  今回はこの所得拡大促進税制の要件緩和について見ていきましょう。


1.所得拡大促進税制とは


  所得拡大促進税制とは従業員の給与支給額を基準年度(平成25年4月1日以降に開始する事業年度の直前の事業年度)よりも増加させた場合、その 給与増加額分の10%を法人税額から控除 することができる制度です。なお、控除可能な限度額は中小企業が法人税額の20%まで、大企業が法人税額の10%までとなっています。


2.現在の所得拡大促進税制の要件


所得拡大促進税制を適用するには以下の要件を全て満たす必要があります。

基準年度と比較して給与総支給額が一定割合以上増加
    なお、一定割合は以下の通りとなっています。

平成26事業年度 2%以上
平成27事業年度 3%以上
平成28事業年度 5%以上
平成29事業年度

給与等総支給額が前年度以上

 継続雇用者に対する平均給与等支給額が前年を上回る(前年と同額は不可)


3.緩和後の要件

予定では上記2.,竜詬秦躬抖覲曚料加割合が以下の様に緩和される見込みです。


緩和前 緩和後
平成26事業年度 2%以上 2%以上
平成27事業年度 3%以上 3%以上
平成28事業年度 5%以上 大企業 4%以上
中小企業 3%以上
平成29事業年度 5%以上 大企業 5%以上
中小企業 3%以上


なお、上記2.△鉢の要件に変更はありません。

        株式会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル401
           TEL 03−3258−7730
           FAX 03−3258−7735
           E−Mail:info@keiei-s.jp