国税の「ダイレクト納付」による納税手続き

インターネットバンキング、モバイルバンキング及びATMを利用した電子納税に加え、平成21年9月からe−Taxを利用した国税の「ダイレクト納付」が始まりました。
事前に税務署にダイレクト納付の届出等をしておけば、届出をした預貯金口座から、ワンクリックで即日または、期日を指定して納付することができます。
今回は、「ダイレクト納付」の内容について紹介していきます。


1.「ダイレクト納付」のメリット

税務署や金融機関に出向くことなく、自宅やオフィスなどから納付が可能。
電子申告等の送信後、ワンクリックで納付手続きが可能なため手続きが簡単。
インターネットバンキングの契約が不要。
即時又は、期日を指定して納付することが可能。
※ 指定できる納付日は原則として納付期限までの日付になります。


                                                      
2.手続き方法

「ダイレクト納付」を利用するにはe−Taxの利用開始のための手続きが必要になる他、利用日の約1ヶ月前に住所地等を所轄する税務署にダイレクト納付利用届出書を提出しておく必要がありますが、電子納税等に比べて、金融機関への手続きが省ける分、納付手続きが簡単に行えます。




3.注意事項

利用可能税目は、電子申告等が可能な税目(源泉所得税、法人税、消費税及び地方消費税、申告所得税、酒税、印紙税)が
対象になります。
※ 納付情報登録依頼については、上記の税目に関わらず全税目が「ダイレクト納付」利用可能になります。
利用可能金融機関につきましては、国税庁のホームページでご確認下さい。
「ダイレクト納付」の利用はe−Tax利用可能時間(祝祭日を除く月曜日〜金曜日の午前8時30分〜午後9時)である事、
「ダイレクト納付」が利用できる各金融機関のオンラインサービス提供時間である事が必要です。



        株式会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル203
           TEL 03−3258−7730
           FAX 03−3258−7735
           E−Mail:info@keiei-s.jp