H13.8  住宅取得資金贈与の特例の改正点
 

  親や祖父母から住宅資金の援助を受けた場合に贈与税を軽減される特例がありますが、平成13年度税制改正で適用範囲が拡充されておりますので、今回は制度の改正点及び概要について見てみましょう。


―斬霄萋聖餠發紡M神波鷁歙埜妥抒曚300万円から500万円に引き上げられた
∋ち家に対する一定の増改築費用に充てる為の資金贈与も特例対象とされた
0貭蠅僚斬霰秣悗┐琉戮了餠眤M燭眛知秣仂櫃箸気譴


従来要件 改正追加要件
‖仂櫃僚斬 新築又は一定の中古住宅の取得である事 増改築、大規模修理でも可
住宅の買換え、建替えでも可
建物の要件 建物の床面積が50岼幣 増改築の場合工事費用が1,000万円以上又は床面積の増加が50岼幣
取得等の時期 贈与を受けた翌年3月15日までにその資金の全部を住宅取得に充当し居住すること 買換えの場合、5年以内に居住していた家屋を贈与の日の翌年12月31日までに売却すること
に椰佑陵弖 贈与前5年以内に、自己又は配偶者が所有する住宅に住んでいないこと
その年分の合計所得金額が1,200万円以下であること
既にこの特例を受けたことがないこと
テ知稘用の上限 1,500万円までの部分について贈与税が軽減される



贈与金額 通常税額 特例納税額
550万円以下 84.5万円 0
700万円以下 136.5万円 15万円
900万円以下 216万円 35万円
1,200万円以下 355万円 65万円
1,500万円以下 505万円 105万円







有限会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル203
TEL 03−3258−7730
FAX 03−3258−7735
E−Mail:info@keiei-s.jp