H12.12住宅取得資金の贈与の特例の活用を!
 

 自分の祖父母や親からマイホーム購入資金の贈与を受けた場合で、次の要件を全て満たす場合には300万円までの贈与には贈与税がかかりません。
 また、300万円を超え1,500万円までの贈与については贈与税の軽減を受けることが出来ます。



 (1) 新築住宅
 (2) 築20年以内(マンション等の耐火構造の場合は築25年以内)の中古(既存)住宅



 (1)贈与を受ける人は日本国内に住所を有すること
 (2)贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、その家屋に居住しているか、または居住することが確実であると見込まれること
 (3)家屋の床面積が50岼幣紊任△襪海
 (4)贈与を受けた年の翌年の3月15日までに、その資金の全部を居住用家屋の新築または取得に充てること
 (5)贈与前5年以内において、自己または配偶者が所有する住宅用の家屋に居住していないこと
 (6)贈与を受けた年の合計所得が1,200万円以下であること
 (7)過去にこの特例の適用を受けたことが無いこと



 この特例を受けるには、無税でも申告をしなくてはなりません。申告書にこの特例を受ける旨を記載すると共に、戸籍謄(抄)本、戸籍の附票の写し、登記簿謄(抄)本、住民票の写し等一定の書類の添付が必要となります。

・・・・・こんなに税額が違ってきます!

贈与額 本来の税額 特例を適用
300万円 30万円 0円
500万円 84万円 20万円
1,000万円 283万円 70万円
1,500万円 530万円 152.5万円


有限会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル203
TEL 03−3258−7730
FAX 03−3258−7735
E−Mail:info@keiei-s.jp