H12.9 介護保険と医療費控


 平成12年4月1日から介護保険法が施行されました。利用者は介護サービス費用の1割の自己負担でサービスを利用できます。その自己負担額は、確定申告の際に医療費控除として所得から差し引く事が出来るものがあります。
 そこで今回は、介護保険の医療費控除について見てみましょう。


サービスの種類 医療費控除の適否 医療費控除大正対象金額
居宅サービス(注)
     )問看護
     居宅療養管理指導
     K問リハビリテーション
     つ冥螢螢魯咼螢董璽轡腑
     ッ惨入所療養介護
利用者の自己負担額の全額
施設サービス
  特別養護法人ホームで提供されるサービス
介護と食費の自己負担額の2分の1
介護計画によるサービス
  )問介護
  ∨問入浴介護
  D冥蟆雜
  っ惨入所生活介護
居宅サービスと併せて利用する場合 居宅サービスと介護計画の自己負担額の全額
介護計画によるサービスだけ利用する場合 不可

 (注)居宅サービスについては、介護支援事業者が作成した居宅サービス計画(ケアプラン)に基づいて医療系サービスを利用している事が条件となります。(自己作成の計画による施設利用では不可)



控除額(上限200万円)=介護費用の上記対象額+その他医療費−保険金等−足切額(注)
                                                                                                             (注)課税標準×5%もしくは10万円のうち少ない額



有限会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル203
TEL 03−3258−7730
FAX 03−3258−7735
E−Mail:info@keiei-s.jp