H12.6 ネットショッピングを活用しよう!!
(その2 ネット店舗を開設しよう!)


 先月に引き続き、今回はインターネットを利用した取引について見ていきましょう。


   ネット店舗といっても、形態は大きく分けて2つに分けることができます。

   .曄璽爛據璽犬鮗分で作成する場合(メリットとしてはコストを安くおさえられます。)
  ◆ヽ敕靴覆匹離轡腑奪團鵐哀癲璽襪鮖箸辰峠佚垢垢訃豺隋淵灰好箸呂かりますが、ショッピングモールに参加することにより集客率
        は格段にアップします。)

   しかしながら、 ↓△箸發謀絞浤設の流れは似ているので、次に店舗開設までの流れについて見ていくことにしましょう。

  店舗開設までの流れは下記の様になります。

                  

  上記の流れで店舗開設はできるのですが、そのためにはあらかじめ検討しておかなければならない要素がいくつかあります。
    商品(何を販売するか)    代金決済方法(振込、カード等)    配送方法(宅急便等)




     店舗開設するのにはやはりコストがかかります。今回はショッピングモールを利用する場合のコストの一例をあげておきます。

  ・ホームページ作成料(プロに委託の場合15〜30万円ぐらい。ゥ己作成で10万円以内。)
  ・ショッピングモール登録出店料(楽天の場合:初期費用0円、毎撃T万円)
初年度年間コスト(ホームページ作成料15万円とした場合)
15万円+5万円×12=75万円




    現在、ネット店舗のみで年収1億円をこえる中小企業が増えてきています。今後はインターネットユーザが増加するのは確実であるため、この機会にネット店舗の開設を検討してみましょう。


有限会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル203
TEL 03−3258−7730
FAX 03−3258−7735
E−Mail:info@keiei-s.jp