消費税の区分経理の留意点及びポイント還元処理
 
 令和元年10月から消費税が10%に増税され、8%軽減税率制度が導入されました。今回は軽減税率制度導入にあたっての消費税の区分経理の留意点及びポイント還元の処理について見ていきましょう。


1.軽減税率導入後の区分経理の留意点


留 意 点 内      容
(1)旧ぜいりつが適用される取引がある場合 消費税等の軽減税率は、制度実施前と同じ8%ですが、内訳の国税消費税率(前6.3%→後6.24%)と地方消費税率(前1.7%→後1.76%)の割合が異なるため、ゝ貔芭─↓軽減税率及びI現狎芭┐里修譴召譴療用税率ごとに区分しておく必要があります。
(2)イートイン/テイクアウトを税込同一価格で販売している場合 イートイン(店内飲食)とテイクアウト(持ち帰り)では、販売価格は同じでも適用税率が異なるため、販売時点で顧客に「意思確認」を行うなどし、判定した適用税率に基づき、区分経理及び申告を行う必要があります。
(注)必要事項が記載されていない請求書等を受領した場合には取引相手に必要事項が記載された請求書等の再発行を依頼します。


2.ポイント還元の処理

 コンビニ等の即時充当(即時に購入金額にポイント等相当額を充当する方法)によるキャッシュレス・消費者還元に係る消費税の仕入税額控除の考え方についても見ていきましょう。
(1)即時充当の場合は、キャッシュレス還元前の商品対価の合計額が課税仕入に係る支払対価の額となります。またキャッシュレス還元分は雑収入(課税対象外)で処理します。
(2)自社ポイントのように商品等の購入の際のポイント利用が値引きとなる場合には、値引き後の金額が課税仕入に係る対価の支払い額となります。
                                                    
レシート
〇〇ストア
2019年10月X日(月)15:00
※ジュース 1点 540 540円
ブンボウグ 1点 550 550円
ポイント値引き     △21円
合 計          1,069円
8%タイショウ       530円
    (内消費税     39円)
10%タイショウ      539円
    (内消費税     49円)
交通系マネー支払   1,069円
※印は軽減税率対象品目

レシート
〇〇ストア
2019年10月X日(月) 15:00
※ジュース 1点 540  540円
ブンボウグ  1点 550  550円
     合     計     1,090円       8%タイショウ        540円
    (内消費税     40円)   
10%タイショウ  550円
(内消費税 50円)
キャッシュレス還元    △21円交通系マネー支払  1,069円
※印は軽減税率対象品目   

        株式会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル401
           TEL 03−3258−7730
           FAX 03−3258−7735
           E−Mail:info@keiei-s.jp