6月から定額減税がスタートします

 近年の記録的な物価高を背景に、2024年6月より1人につき所得税3万円、個人住民税1万円が減税される定額減税が
スタートします。減税額は配偶者、扶養親族の人数によって増加します。
 今回は、定額減税の内容について見ていきましょう。

減税対象者 国内居住者(本人・配偶者・扶養親族いずれも国内に居住していること)
本人の所得が
1,805万円以下(給与収入で2,000万円以下)
減税額 所得税 本人 3万円
※同一生計配偶者
※扶養親族
3万円
3万円/人
住民税 本人 1万円
※同一生計配偶者
※扶養親族
1万円
1万円/人
   減額方法

引ききれない分の減税額は
最終的に市区町村より給付
されます
給与所得者 所得税 6月給与(賞与)から減税
住民税 6月の徴収はなし、7月以降分より市区町
村で減税額を計算して通知
事業所得者等 所得税 予定納税がある場合は7月の第1期から減税
予定納税がない場合は確定申告で減税
住民税 市区町村で減税額を計算して通知
年金所得者 所得税 6月支給分より減税
住民税 市区町村で減税額を計算して通知

※同一生計配偶者とは 生計を一とする、事業専従者でない、所得が48万円以下(給与年収103万円以下)
本人側の所得による制限なし、国内居住者限定
※扶養親族とは 配偶者以外の親族、生計を一とする、事業専従者でない、所得が48万円以下、
16歳未満の子供も含みます、国内居住者限定

給与所得者に対する定額減税の流れ(月次減税)

‖仂歇圓稜聴
令和6年6月1日時点で在職している者
扶養控除等申告書を提出している者(源泉所得税額表の甲欄が適用される方)
6月2日以降雇用された方は月次で定額減税は行わず年末調整の際に減税します。
減税額の把握 扶養控除等申告書に記載した情報に加えて同一性芸配偶者や扶養親族を追加する場
合には、源泉徴収に係る定額減税のための申告書(国税庁よりより様式はダウンロード
できます)を会社に提出
 (例)  扶養親族3人の場合→本人3万円+扶養親族分3万円×3人=合計12万円が減税額
各人別控除実績
    帳簿を作成
各人別控除実績簿は国税庁からExcelファイル形式でダウンローと出来ます(任意)
様式は自由、給与ソフトでも対応可能な場合あり
※各人ごとの減税額とその月に控除した税額、翌月に繰越す減税額を管理するもの
6月給与(賞与)計算時  …名鐵未蟲詬新彁擦係酸所得税を計算(控除前税額)
◆々欺前税額から減税額を控除
 控除しきれない減税額がある場合は翌月に繰り越す
ぁ´ 銑を各人別控除実績簿等で管理
ァゝ詬震精拿颪帽欺した減税額を記載
Α仝酸所得税の納付は月次減税の控除を行った後の金額で納付
デ末調整時 控除しきれない減税額が残っている場合や減税額に変更があった場合は
年末調整で調整します


      株式会社 経営サポートコンサルタント
〒101−0035 東京都千代田区神田紺屋町13−1サンビル401
           TEL 03−3258−7730
           FAX 03−3258−7735
         
  E−Mail:info@keiei-s.jp